ジャフナ大学農学部研究研修施設開所式(無償資金協力)

2021/2/5

  


  2月5日、杉山明駐スリランカ大使は、北部州キリノッチに所在するジャフナ大学農学部の研究・研修施設の開所式に出席しました。G.L.ピーリス教育大臣、ダグラス・デヴァナンダ水産大臣、その他スリランカ側要人が本式典に出席しました。

    本研究・研修施設は、日本政府からの28億ルピー(約16.7億円)の無償資金援助により整備されました。

  ピーリス教育大臣からは「日本はスリランカにとり最も古い最大の援助国の一つであり、援助を提供する際には常にスリランカが何を必要としているのかを尋ねてくれる。日本政府による本農業研究施設の技術、研修、研究、管理における全面的な支援に感謝する。」と謝意が表明されました。
 

     


    杉山大使からは「北部州の開発は日本政府の対スリランカ支援の優先事項の一つである。日本はこの新しい研究・研修施設の活用により、学生が優れた実務家となり農業・畜産業の専門知識を応用するだけでなく、ジャフナ大学農学部が卓越した研究を生み出し、北部州の農業・畜産業に新たな地平を切り開くことを強く望んでいる。」と述べました。

    日本政府は、スリランカの長年の友好国として、今後もスリランカ国民の真の開発ニーズに応え、平和と繁栄のための支援を継続して参ります。
 
 
ODAジャフナ大学農学部研究研修複合施設設立計画概要
https://www.jica.go.jp/oda/project/1560660/index.html