ヌワラエリヤ県アンバガムワ郡重力式給水設備整備に対する支援 (草の根・人間の安全保障無償資金協力)

2021/3/9
   

 
 日本政府は、アドラ・スリランカ(Adventist Development and Relief Agency (ADRA) Sri Lanka)によるヌワラエリヤ県アンバガムワ郡重力式給水設備整備に対し、供与額総額約700万円(63,197米ドル)の草の根・人間の安全保障無償資金協力(「草の根無償」)による支援を行うこととしました。
3月9日、杉山明駐スリランカ日本国特命全権大使は、日本大使公邸において、先方W M P R・バンダラティラケADRA臨時スリランカ事務所代表(Mr. W M P R Bandaratilleke, Country Director (Interim))との間で本支援に係る供与契約書への署名を行いました。
 
 


 本支援により、アンバガムワ郡に重力式給水設備(水源ダム、沈殿物処理設備、分水設備、浄水設備等)を整備することにより、同郡で生活する約750人の住民が安全な飲料水、生活用水を利用可能となる等、安全な水へのアクセスが向上されます。また、同住民に衛生に関する研修を実施することで、住民が健康や衛生に関する知識を深め、生活習慣を改善することによって、同住民の生活の質の向上に寄与することが期待されます。