ムーライ協同組合病院中古救急車整備に対する支援 (草の根・人間の安全保障無償資金協力)

2021/3/24
   

 
   日本政府は、ムーライ協同組合病院(Co-operative Hospital Society Ltd, Moolai)による中古救急車整備に対し、供与額総額約400万円(36,759米ドル)の草の根・人間の安全保障無償資金協力(「草の根無償」)による支援を行うこととしました。
 
 
 

 3月24日、杉山明駐スリランカ日本国特命全権大使は、日本大使公邸において、先方M.ヤネスワラン理事長(Mr.M. Gnaneswaran, President)との間で本支援に係る供与契約書への署名を行いました。
 
 
 

 本支援により、ジャフナ県ヴァリカーマンウェスト郡にあるムーライ協同病院に対し、中古救急車2台(うち1台は巡回診療車に改造)を整備することにより、同県西部の住民約20万人が迅速かつ、きめ細かい医療サービスを受けられるようになり、同地域の保健医療分野の強化に寄与することが期待されます。