在スリランカ日本大使館は、モルディブ共和国を兼轄しています。

 

 

安全事情

 

○   海外安全対策情報
         【平成26年10月~12月】

○   海外安全対策情報
         【平成26年4月~6月】

○      海外安全対策情報
         【平成26年1月~3月】

はじめに

最近の犯罪状況

一般犯罪への注意
1.スリ・置引き
2.窃盗、空き巣
3.その他の犯罪

交通
1.交通事情
2.事故対策
3.事故にあった場合
4.交通合図等(慣習)
5.検問

緊急連絡先

緊急時の言葉

 

海外安全対策情報【平成26年10月~12月】

1 治安情勢
政府要人等の移動に際しては厳重な警戒態勢がとられるものの,武装組織やテロ組織の活 動は見られず,治安情勢全般としては落ち着いている。
今期は,2015年1月8日実施の大統領選挙に向けた各団体の取り組みが行われ,それ に付随した,デモや集会及びそれに伴う交通規制,各種暴力事件が多く発生した。
特に暴力事件については,脅迫や暴行にとどまらず,武器(角材や刃物)を使用した傷害 及び殺人未遂,けん銃等による銃撃,爆発物の使用など,凶悪事件が発生した。
また強風,落雷,長雨などの悪天候により,洪水や地滑りが発生して多くの死傷者を出す と共に,落雷による大規模な停電が発生するなど,生活に重大な影響を及ぼした。

2 一般犯罪情勢
(1)一般情勢
住居侵入窃盗及び装飾品のひったくりが多く発生している。
特に装飾品のひったくりは,身につけている貴金属製のネックレスが狙われることが多 く,身につけている物をひったくられるため,装飾品をとられるだけでなく,けがをする 危険性も大きい。
性犯罪の発生も後を絶たず,被害者は10歳代の女性が目立つ。
薬物犯罪については,都市部においてはヘロイン,地方においては大麻がそれぞれ流通 する風潮が定着しつつある。ヘロインに関して言えば,2014年1月から10月までの 押収量は311キログラムで,逮捕者は20,455名に上る。
(2)邦人の被害
【窃盗】
バンダラナイケ国際空港において,制服のような服装をした者から,持ち物検査をする と言われて個別に小部屋に通され,財布を含む持ち物検査を受けた。出国後,目的地で現 金(日本円)を現地通貨に両替しようとしたところ,財布にないっていたはずの現金がな
くなっていることに気づいた。
(3)邦人以外の被害
【窃盗】
11月,カナダ国籍夫婦が路肩に車を止めて景色を見ている間に,乗用車の中から現金及 び携帯電話を盗まれた。
【暴行】
12月,コロンボ市内にあるホテルのナイトクラブを訪れていたスイス国籍の男女が,スリランカ人と見られる男性数名から暴行を受けた。
【観光中の死傷等】
10月,グループで登山に訪れていた70歳代のドイツ国籍女性が一時行方不明となっ たが,4日後に保護された。命に別状はなかった。
11月,20歳代のスウェーデン国籍男性が海水浴中に溺死した。

3 テロ・爆弾事件発生状況
(1)テロ事件
発生なし。
(2)爆弾事件
12月8日,スリランカ北西部州ダンコトゥワにある住宅で,爆弾が爆発したが死傷者
はなかった。当住宅は野党候補支持者の自宅であった。

4 誘拐・脅迫事件発生状況
邦人被害に係る事件の発生はなし。

5 対日感情
良好。

6 日本企業の安全に係る諸問題
現在のところ問題の把握はなし。

7 その他邦人安全対策のためにとった具体的措置
「大使館からのお知らせ」5件を発出した。
(1)11月14日空港における荷物管理についてのお願い
(2)11月18日抗議デモに関する注意喚起
(3)11月24日大統領選挙に伴う注意喚起
(4)12月12日大統領選挙投票日における交通規制について
(5)12月26日ローマ法王来訪に伴う交通規制の実施について

 

海外安全対策情報【平成26年4月~6月】

 

1 治安情勢及び一般犯罪の傾向
(1)治安情勢
内戦終結後5年が経過し,この間,爆弾テロは発生しておらず,テロの脅威の高まりは見られません。しかし,在外タミル人や元LTTE関係者が北部州及び東部州の分離独立を目指して活動を継続しているとの情報があり,また,目的は明らかではないものの,爆発物や火炎瓶などを所持していたとして逮捕者が出ていることから,今後の状況に注意が必要です。
6月には,南西海岸の都市アルトガマで、イスラム教徒の青年3人が仏教の僧に暴行を加える事件が発生しました。この事件が発端となって双方が衝突し,商店などが略奪されるなど事態が悪化し,アルトガマと隣の都市ベルワラに外出禁止令が発令されるに至りました。
政府は,軍や警察を出動させて事態の収拾に努め,宗教的・民族的調和を促進するための各種取り組みを始めていますが,イスラム教徒側,仏教側双方に過激派が存在することから,今後も宗教的・民族的対立事案に対する警戒が必要です。
また,英国人女性が腕に仏陀の入れ墨をしていたことにより入国後すぐに逮捕される事案が発生しており,当国の宗教感情への配慮も必要です。
(2)一般犯罪
今期は,窃盗,強盗などの犯罪とともに,女性旅行者に乱暴しようとする事件,薬物犯罪が目立つ傾向にありました。
女性旅行者に乱暴しようとする犯罪では,観光地などで「案内してあげよう」などと言葉巧みに女性旅行者に近づき,ついていくと乱暴しようとするものがあります。乱暴を免れても,金銭を脅し取られる例もあります。
薬物犯罪も主に観光地で発生しており,ヘロインと大麻がその主流となっています。当局は,スリランカが違法薬物の運搬中継点となっていることに危機感を持ち,取り締まりを強化しています。
外国人による犯罪としては,中国人らによる珊瑚等の違法所持,中国人及びインド人による伐採を禁じられている樹木の違法所持事案,インド人による大麻密輸事案があります。

2 テロ・爆弾事件発生状況
(1)爆発物所持
アヌラダプラで,トラック運転手の男性(52歳)が爆発物10キログラム,起爆装置500個,ヒューズ40メートルをトラック座席の下に隠匿しているのを警察が発見,逮捕されました。所持目的は現在まで不明です。  
(2)火炎瓶所持
アルトガマで男性2名が火炎瓶14本を所持していたとして警察に逮捕されました。

3 誘拐・脅迫事件発生状況
邦人被害に係る事件は発生していません。

4 対日感情
良好です。

5 日本企業の安全に係る諸問題
現在のところ問題の把握はありません。

6 その他邦人安全対策のためにとった具体的措置
(1)6月26日付で「安全対策基礎データ」の一部(犯罪発生状況,防犯対策)を改訂しました。
(2)6月17日付で「スポット情報(南西海岸の観光都市における異教徒間の対立事件についての注意喚起)」を発出しました。
(3)「大使館からのお知らせ」3件を以下の通り発出しました。
ア 4月30日付 「メーデーに伴う注意喚起」
イ 6月2日付 「事件・事故に対する注意喚起」
ウ 6月16日付 「外出禁止令の発令について」


 

海外安全対策情報【平成26年1月~3月】

1 治安情報及び一般犯罪の傾向


(1)政府軍とタミル・イーラム解放の虎(LTTE)との内戦終結以降、まもなく5年が経過するところ、爆弾テロの発生はなく、テロ脅威の高まりは見られない。一方で政府要人・軍高官の移動の際には依然として厳重な警護及び行先地警備が行われており、テロに対する警戒は継続している。これらの背景には、在外タミル組織や元LTTE関係者が引き続き北部州及び東部州の分離独立を目指して活発に活動しているとの情報があるためである。
(2)一般犯罪
今期、コロンボを中心とする邦人居住地区での殺人事件は認められなかったが、侵入窃盗事件は依然、高止まり状態にある。違法薬物の主流は大麻(ガンジャ、カナビス)からヘロインに移りつつあり、都市部ではヘロイン、農村部では大麻が違法に流通する傾向にある。侵入窃盗の高止まりは、高騰する違法薬物の購入資金のためとする見方が強い。
今期の外国人犯罪は中国人女性による大麻(ガンジャ)所持、イラン人2人による露店商からの強盗、パキスタン人によるヘロインの密輸未遂などの事件が発生した。また、ドイツ人女性がナイトクラブで泥酔、現地男性に自宅に連れ込まれ暴行を受けた被害があった。

2 殺人・強盗等の凶悪犯罪の事例(コロンボ市内の主な在留邦人居住地区における発生状況)


(1)殺人:なし
(2)強盗:1件
(3)恐喝:2件

3 テロ・爆弾事件発生状況
     発生なし

4 誘拐・脅迫事件発生状況
     邦人被害にかかる事件は発生していない。

5 対日感情
      良好である。

6 日本企業の安全に係わる諸問題
     3月20日、日本企業が請け負う建設工事現場で働くスリランカ人労働者約
     600名が、事故により工事がストップした間の休業補償を求めてデモを起こしたが、3日程度で和解したため、現在のところは問題ない。

7 その他邦人の安全対策のために取った具体的措置
     「大使館からのお知らせ」を3件発出した。
     (1)デモ情報(1月28日)
     (2)抗議集会情報(3月25日)
     (3)抗議デモ情報(3月26日)

 



○はじめに

このページでは一般旅行者向けの安全情報を提供しております。海外では各自が「自分の身は自分で守る」という精神に則って防犯対策をとって下さい。

 また外務省海外安全ホームページ渡航関連情報等を、あわせて参照されるようお勧め致します。なお、個人では収集困難な治安情報については、大使館から情報を入手されると共に、万が一事件に巻き込まれるような事があった場合には、大使館と緊密に連絡を取られることをお勧め致します。


○最近の犯罪発生状況
物価高騰等、経済状況の悪化を反映して、一般的な金銭目的の犯罪が増加傾向にあります。特に武器を使用した凶悪犯罪が増加傾向にあり、凶悪犯罪に巻き込まれる可能性があり注意が必要です。

またスリランカでは、外国人が犯罪の被害にあうケースは少ないとされていましたが、最近では空き巣やひったくり等にあう事件が発生しておりますので、注意が必要です。

○一般犯罪への注意
1.スリ・置引き
被害は、混雑したバスの中、催物の見物会場などの場所で発生しています。

対策としては、以下の点にご留意下さい。
・ 多額の現金を所持している振りをしたり、支払い外の現金を見せたりしない。
・ 身体を押されたり、触られたりしたら、直ぐに所持品をチェックする。
・ 現金はいくつかに分けて所持する。特に混雑したバスの中では、小銭はポケ ットなどに入れておき、大金は手の届かないバック等の中にしまっておく。
・ 混雑した場所では、手荷物は常に身近に置いておく。

2.窃盗、空き巣
滞在中のホテルの客室において外国人旅行者がビデオカメラや現金などを盗難にあうケースが増えています。貴重品はセーフティーボックスに入れるかフロントに預けることが必要です。

3.その他の犯罪
最近コロンボ市内では、ナイフ等の凶器を用いた路上強盗が増加傾向にあります。そのほとんどは夜間において帰宅途中の会社員が襲われるケースです。夜間人通りの少ない場所での一人歩きはなるべく避けましょう。 

 またスリランカでは比較的簡単に麻薬が入手できるため、過去に邦人旅行者が手を出し、警察に逮捕されるケースがありました。麻薬に関する甘い誘いには十分注意が必要です。


○交通
1.交通事情
当国の交通事情は、日本人から見ると、標識・信号が少なく、また、陸橋・横断歩道も少ない等、交通関係の施設が充実しておらず、道のいたる所で歩行者が横断します。右側優先がいわば唯一の交通規則で、スピードの出し過ぎ、無理な割込みや追い越し、方向指示を出さないドライバーが多い等、慣れるまでは交通マナーの悪さに戸惑うことが多々あります。

当国には車検の制度がありませんから、相当古い車やヘッドライト・方向指示器・ストップランプ等が故障した車が多いので注意を要します。夜間は街灯が少なく暗いので、ハイビームのまま走っている車が多く、まぶしくて目が眩むこともあります。その中を無灯火の自転車や牛車が走っていたり、人や犬・牛等の動物の飛び出しがあったりで、大変危険ですから、夜間の運転には特に注意が必要です。

当国の道路は一部の主要幹線を除いて、一応舗装はされているという程度の凹凸道路が多く、運転する際には道路状況にも気を付ける必要があります。

このような交通事情ですので、一般旅行者の方はなるべくご自身で運転しないことをお勧めします。

2.事故対策
前述のように、ストップランプや方向指示器を使用できない故障車が多く、また、使用できても方向指示器を使わずに右・左折する車もよく見かけますから、周囲の車の動きをよく観察すると共に、スピードを控えて車間距離を十分に取り、常にディフェンス・ドライブ(防衛運転)に心掛けましょう。

夜間は、スピードを余り出さないことが第一です。また、少し遠回りになっても照明が十分な道路を利用するようにしましょう。

小さな子供を路上で遊ばせたり、一人歩きをさせたりすることは絶対いけません。必ず誰かが付き添いましょう。

3.事故にあった場合
不幸にして事故を起こしてしまった場合には、直ぐに車を止め、警察が許可するまで動かしてはいけません。怪我人が出た時には救急車を呼ぶなり、タクシーで最寄りの病院に運ぶ等の処置を取ります。外国人が事故を起こすと興味本位で大勢の人が集まって来ますが、特に、敵愾心を持ってはいないので、余り神経質にならないようにしましょう。

示談については、相手側に妥当な補償金を要求することは非常に難しいのですが、逆に外国人と見ると相手側から多額の補償金を要求される場合があるので、事故を起こした際は、必ず警察に連絡し、事故証明を取っておく必要があります。

4.交通合図等(慣習)
・パッシング(こちらが右折しようとしている場合等)
→対向車がパッシングをしたら「お先にどうぞ」の合図ではなく、「こちらが強引に進むので邪魔するな」の合図。

・ 前の車のドライバーが窓等から手を出し、前後に動かす。
→「追い越して、先に行け」の合図。この合図を出すのは、速度の遅い大型車のドライバーに多い。

・ 前の車のドライバーが窓等から手を出し、上下に動かす。
→「速度落とせ」の合図。

・ 前後にL(白地に赤い文字)マークを付けた車
→自動車免許教習中の車なので速度が遅く、よく交通渋滞の原因になる。

5.検問
1985年には日本人旅行者が、警察の検問を車で突破したために発砲を受け、死亡したという事件がありましたが、98年にも警察が検問所で通学用バンに発砲、し、幼稚園児2人を含む3人(スリランカ人)が重傷を負うという事件が起こっていますので検問には必ず応ずるように留意して下さい。また、検問をしている警察官又は兵士の中には十分な教育を受けておらず、外国人に対して横柄な態度をとる者もいますが、検問には素直に応じて、反抗的な態度等はとらないように注意して下さい。

○緊急連絡先(電話番号)一覧

・警察
 緊急通報 2433333
・消防・救急車 2691111
・救急病院
 ナショナルホスピタル 2691111
 (24時間救急車を呼ぶことができます。)
 ナワロカホスピタル 2544444~9
 アポロホスピタル 4530000
・出入国管理局 2503638
・観光案内所 2437060
・日本人会事務局 2435784

 

○緊急時の言葉
「泥棒」=ホレック
「助けて」=ヘルプ
「警察」=ポリースィヤ
「警察を呼んでくれ」=ポリースィヤ・カターカランナ
「パトカー」=ポリスカール
「救急車」=アンビランス

Copyright (C) 2012 Embassy of Japan in Sri Lanka                                                                                                                                                                                                                                  法的事項|  アクセシビリティについて | プライバシーポリシー 

No.20, Srimath R.G. Senanayake Mawatha, Colombo7, Sri Lanka
Tel: +94-11-2693831/2693832/2693833
FAX: +94-11-2698629