証明事務

  • 所要日数
当館では通常,申請受付から交付までは2日を要します(土曜日・日曜日・その他休館日を除く申請の翌開館日)。証明の内容によって即日発給が可能な証明や6日を要する証明もありますので,詳細は下記の各証明項目をご覧ください。
 
  • 申請者と受領者
証明の内容によって代理申請,代理受領の可否が変わりますので,詳細は下記の各証明項目をご覧ください。
   
  • リンク(外務省ホームページ)
在外公館における証明
 
  • 申請目的に従って以下の項目をクリックしてください。
  1. 在留証明
スリランカのどこに住所(生活の本拠)を有しているかを証明するもの(日本に住民登録のない方が対象です)
  1. 身分事項証明(出生,婚姻,離婚,死亡)
出生,婚姻,離婚,死亡などの戸籍謄(抄)本に記載された身分事項につき,英文で証明するもの(外国関係機関に提出
  1. 身分事項証明(婚姻要件具備証明)
申請人が独身であり,日本国の法令上婚姻可能な年齢に達していることを英文で証明するもの
  1. 翻訳証明
申請人が作成した翻訳文が原文書(本邦官公署が発行した公文書)の忠実な翻訳であることを証明するもの
  1. 署名(および拇印)証明
日本国内に住民登録をしていない申請者の署名(および拇印)を証明するもの(印鑑証明に代わるもの)
  1. 印章の証明
本邦の官公署またはそれに準ずる独立行政法人,特殊法人,または学校教育法第1条に規定された学校が発行した文書の発行者の印章(職印または機関印)の印影が真正であることを英文で証明するもの(外国関係機関に提出)
  1. 運転免許証の翻訳証明
スリランカ運転免許証を取得するため,日本の運転免許証から必要な事項を抜粋し,英文で証明するもの
  1. 警察証明(犯罪経歴証明書
日本国内での犯罪経歴の有無を証明するもの(警察庁発行/日,英,仏,独,西語併記)

上記証明の他にも発給可能な証明書がありますので,詳しくは当館領事班までご照会ください。



1 在留証明
 
  1. 主な使用目的
  • 年金,恩給受給手続き
  • 不動産登記(売買)手続き
  • 遺産相続手続き
  • 自動車譲渡(売買)手続き
  • 日本の学校受験手続き
 
  1. 申請条件
  • 日本国籍者であること
  • スリランカに3ヵ月以上滞在していること,または3ヵ月以上の滞在が見込まれていること。※スリランカを離れた後(帰国や転出後)に申請することはできません。
  • 日本に住民登録されていないこと。
 
  1. 必要書類
  • 在留証明願(形式1) または在留証明願(形式2) (大使館備付け):1通
    (本人・現住所のみの証明は形式1,過去の住所や同居家族も含め証明する場合は形式2)
  • 申請者の日本国籍及び本人確認ができる書類:いずれか1点
    (有効な日本国旅券等)
  • 住所を確認できる文書:いずれか1点
    (スリランカの官公署が発行する滞在許可証,運転免許証,納税証明書,住所の記載がある公共料金の請求書,スリランカ警察が発行した居住証明,住居の賃貸借契約書,住所の記載がある銀行のステートメント等)
 

(注1)「住所を定めた年月日」欄への記載を希望する場合には,滞在期間を立証できる書類が必要です。(例:住居の賃貸借契約書,スリランカ転入時点からの住所の記載がある公共料金の請求書や銀行のステートメント等)

(注2)本籍地(市町村名及び地番まで)の記載を希望する場合は,戸籍謄(抄)本(6ヶ月以内発行のもの)をご用意ください。

(注3)同居家族も含め証明する場合(同居家族も日本国籍者に限り証明が可能)は,上記の書類に加え,証明を必要とする同居家族の旅券(スリランカ滞在査証があるもの)及び同居を証明する書類が必要となります。

(注4)過去の住所(スリランカ国内のみ)も含め証明する場合は,上記の書類に加え,過去の住所を確認する書類が必要です。また,過去の住所証明を要求されている理由及び提出先等の確認が必要となりますので,事前に領事班にお問い合わせください。

(注5)恩給,国民年金,厚生年金,共済年金,労働者災害補償保険年金など一部の公的年金に係る受給手続き(受給裁定請求,現況届,合算対象期間等)に使用する場合は,手数料は無料になります。この場合は,日本年金機構,各共済組合,総務省人事恩給局などの提出先から送付される裁定請求書,案内書,現況届等をお持ちください。
なお,国民年金基金,企業年金(厚生年金基金を含む)については手数料が必要です。

 
  1. 所要日数

申請当日交付(申請から1時間程度お待ちいただきます。ただし,午後4時以降の申請は翌開館日の交付となります)

 
  1. 申請者及び受領者

原則として本人申請のみ受け付けます。ただし,病気,ケガなど来館できないやむを得ない事情がある場合は代理申請を認めることがありますのでご相談ください。その場合は,上記の必要書類に加えて,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(原本,コピー不可),代理申請者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。 受領については代理受領が可能です。代理受領者は,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(原本,コピー不可),代理受領者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。



2 身分事項証明(出生証明,婚姻証明,離婚証明,死亡証明,戸籍記載事項証明)
  ※婚姻要件具備証明については下記3をご覧ください。
 
  1. 主な使用目的
  • 出生証明(いつ,どこで出生したかを証明するもの):
    スリランカ入国管理局への査証申請や二重国籍申請,学校入学手続き
  • 婚姻証明(誰といつから正式に婚姻関係にあるかを証明するもの):
    スリランカ入国管理局への査証申請等
  • 離婚証明(いつ正式に離婚したかを証明するもの):
    スリランカでの婚姻解消手続き,スリランカ人との新たな婚姻手続き
  • 死亡証明(いつ,どこで死亡したかを証明するもの):
    銀行名義変更手続,相続手続,スリランカでの婚姻解消手続き
  • 戸籍記載事項証明(ある特定の身分上の事項が戸籍謄本(または戸籍抄本)に記載されていることを証明するもの): 養子縁組,認知,兄弟姉妹関係,復籍のため姓が変わった経緯等の立証のため
 
  1. 申請条件(発給対象者)
  • 出生証明:日本人または日本で生まれた外国人
  • 死亡証明:日本人または日本で死亡した外国人
  • 婚姻証明,離婚証明,戸籍記載事項証明: 日本人のみ

※日本で婚姻/離婚した外国人に対しては,婚姻/離婚届受理証明書(日本の市区町村役場発行)または戸籍謄(抄)本の翻訳証明の発給は可能です。
※日本人と離婚した外国人からの離婚証明の申請は受理できません。離婚証明が必要な場合は,日本人の元夫/妻からの委任状及び身分証明書写しが必要です。

 
  1. 必要書類
  • 証明書発給申請書(大使館備付け):1通
  • 戸籍謄(抄)本(6ヵ月以内発行のもの):1通

※ただし,婚姻証明書は3ヵ月以内発行のもの(婚姻証明書の申請には戸籍謄本または夫婦それぞれの戸籍抄本が必要です。)
※日本で生まれた外国人,日本で死亡した外国人については,出生届/死亡届受理証明書

  • 関係者の旅券(例:出生証明であれば子+両親,婚姻証明であれば夫婦双方)
    ※ただし申請者以外は,旅券の写しでも構いません。
     
 
  1. 所要日数

申請の翌開館日に交付します(土曜日・日曜日・その他休館日を除く)。ただし,申請が午後の場合,交付は翌日午後となります。

 
  1. 申請者及び受領者

代理申請が可能です。ただし,上記の必要書類に加えて,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理申請者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。 受領についても代理受領が可能です。代理受領者は,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理受領者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。



3 身分事項証明(婚姻要件具備証明)
 
  1. 使用目的
  • スリランカにおける婚姻手続き
 
  1. 必要書類
  • 証明書発給申請書(大使館備付け):1通
  • 戸籍謄(抄)本(3ヵ月以内発行のもの):1通
  • 申請者の旅券
  • スリランカ人婚約者の出生証明書謄本(Birth Certificate)(注1)
  • 未成年者の場合は,両親等法定代理人の婚姻同意書
 

(注1)スリランカの地方登記事務所(Divisional Secretariats of Sri Lanka)発行の出生証明書(Birth Certificate)

 
  1. 所要日数

申請の翌開館日に交付します(土曜日・日曜日・その他休館日を除く)。ただし,申請が午後の場合,交付は翌日午後となります。

 
  1. 申請者及び受領者

申請,受領とも本人のみ(代理申請は不可)。



4 翻訳証明
 
  1. 主な使用目的
  • 日本の公文書をスリランカ政府へ提出する必要がある場合など

※外国で会社を設立する,外国の会社に就職する等さまざまな理由から外国関係機関から日本における企業の登記簿謄本の翻訳が必要である場合やどこの学校を卒業したか,あるいはどんな国家資格・免許等を所持しているかの証明が必要である場合は翻訳証明で対応することになります。
ただし,翻訳証明ではなく,印章の証明(本邦官公署またはそれに準ずる独立行政法人,特殊法人または学校教育法第1条に規定された学校等が発行した文書の発行者の印章(職印または機関印)の印影が真正であること)で対応可能な場合もありますので,申請前に提出先にご相談ください。

 
  1. 申請条件

原文書が日本の官公署または公私立学校(専修学校及び各種学校は除きます)により発行された公文書であること(ただし,翻訳証明が不可能な文書もありますのでご了承ください。)

 
  1. 必要書類
  • 証明書発給申請書(大使館備付け)
  • 原文書(原本) (注1)(注2)
  • 原文書の英文翻訳文(大使館では翻訳を行えませんので,必ず翻訳文をご用意ください)
  • 申請者の旅券等顔写真付き身分証明書
 

(注1)有効期限のあるものは有効期限内のもの。有効期限の明記のないものは,原則として発行後,6ヵ月以内のもの。

(注2)法律・規則や訴訟に関する裁判書の文書の翻訳証明はできません。

 
  1. 所要日数

申請受付から交付までは6日(申請日を1日目とし,土曜日・日曜日・その他休館日を除いた平日のみを数えた日数)を要します。なお,翻訳文の訂正を要する場合にはさらに長期を要しますのでご留意ください。

 
  1. 申請者及び受領者
代理申請が可能です。ただし,上記の必要書類に加えて,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理申請者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。
受領についても代理受領が可能です。代理受領者は,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理受領者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。

 



5 署名(および拇印)証明
 
  1. 主な使用目的
  • 不動産登記(売買)手続き
  • 遺産相続手続き
  • 自動車譲渡(売買)手続き
 
  1. 申請条件

日本国籍者であること

 
  1. 必要書類
  • 署名証明申請書(大使館備付け)
  • 署名すべき書類があるときはその書類(事前に署名せずにお持ちください) (注1)
    なお,署名すべき書類がない場合には,当館備付けの用紙に署名(および拇印)して頂きます。
  • 申請者の旅券等顔写真

(注1)署名および拇印は,当館領事窓口にて行って頂きます。事前に署名されたものに対して証明はできませんのでご注意ください。
 
  1. 所要日数

申請当日交付(申請から1時間程度お待ちいただきます。ただし,午後4時以降の申請は翌開館日の交付となります)

 
  1. 申請者及び受領者

申請者本人のみ受け付けます(代理申請は不可)。
申請者本人が領事窓口で署名および拇印した後,後日受領する際は代理受領が可能です。代理受領者は,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理受領者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。



6 印章の証明
 
  1. 主な使用目的
  • 日本の公文書等をスリランカ政府へ提出する必要がある場合など
 
  1. 申請条件
  • 本邦の官公署の発行する公文書,または独立行政法人,特殊法人,学校教育法第1条に定められた学校(専修学校及び各種学校は除く)の発行する文書であること(外国の公文書に対する印章の証明は行わない)。
 

(注)原則として私文書は対象外であるが,私文書に対し我が国公証人が私署証書をしたものを,当該公証人が所属している(地方)法務局長が公証人押印証明をしたものは対象となる。

 
  1. 必要書類
  • 証明書発給申請書(大使館備付け)
  • 原文書(原本) (注)
  • 申請者の旅券等顔写真付き身分証明書

(注)有効期限のあるものは有効期限内のもの。有効期限の明記のないものは,原則として発行後,6ヵ月以内のもの。なお,国家免許証,卒業証書等の1通しか発行されないものは発行年月日にかかわらず対象になり得ます。

 
  1. 所要日数

申請の翌開館日に交付します(土曜日・日曜日・その他休館日を除く)。ただし,申請が午後の場合,交付は翌日午後となります。

 
  1. 申請者及び受領者

代理申請が可能です。ただし,上記の必要書類に加えて,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理申請者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。
受領についても代理受領が可能です。代理受領者は,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理受領者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。



7 運転免許証の翻訳証明
 
  1. 使用目的

スリランカ運転免許証の取得

 
  1. 必要書類
  • 証明書発給申請書(大使館備付け)
  • 有効な日本の運転免許証(原本)
  • 申請者の旅券(代理申請の場合はコピー可)
 
  1. 所要日数

申請の翌開館日に交付します(土曜日・日曜日・その他休館日を除く)。ただし,申請が午後の場合,交付は翌日午後となります。

 
  1. 申請者及び受領者

代理申請が可能です。ただし,上記の必要書類に加えて,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理申請者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。
受領についても代理受領が可能です。代理受領者は,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理受領者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。



8 警察証明(犯罪経歴証明書)
 
  1. 使用目的

 NGO職員労働許可,米国等第三国の永住申請等
※警察証明の使用目的について,本邦警察庁は各国ごとに極めて厳格な規定を設けています。現在のところ,スリランカについては「NGO職員の労働許可」取得の目的のみ認めています。他方で,当地の大学への入学等にあたって,警察証明を要求されるケースもあります。この場合,その根拠文書(証明書の提出を義務づける国内根拠法令および外国関係当局が警察証明を要求していることが確認できる文書)が必要となります(特別発給に該当)。

 
  1. 発給対象者
  • 日本人(14歳以上)
  • 日本に居住歴のある外国人(14歳以上)
 
  1. 必要書類
 
  1. 所要日数

約2ヵ月(在外公館(大使館・総領事館)が申請窓口となって受け付けた申請を日本の外務省経由で警察庁に対し発給の取次を行うため)

  1. 申請者及び受領者

申請は本人申請のみ受け付けます。当館で申請書等必要書類の記入後,指紋の採取を行いますので,時間に余裕をもって来館してください。 申請者本人が受領してください。ただし,病気,ケガなど来館できないやむを得ない事情がある場合は代理受領を認めることがありますのでご相談ください。その場合は,上記の必要書類に加えて,申請者本人の署名付き委任状,申請者本人の旅券(コピー可),代理受領者の顔写真付き身分証明書(旅券,運転免許証など)を持参してください。

 
  1. 手数料

無料